広南病院

文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大
検索 交通のご案内

トップページ>>常勤医・後期研修医募集

常勤医・後期研修医募集

常勤医募集診療科神経内科(神経内科専門医取得者)
募集人数3名
勤務期間応相談(数ヶ月から可能)
待遇勤務時間 平日 8:30~17:00
休  日 土日祝日
月  額 医師免許取得
     7年目608,000円(地域手当含む)
     10年目663,000円(地域手当含む)
     15年目713,000円(地域手当含む)
手 当 等 住居、通勤、扶養、医師手当、当直手当、賞与、
     退職金(3年以上勤務者)
出張手当(国内学会全額負担、演題があれば海外学会も旅費および
     参加費が負担されます)
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、
     医師賠償責任保険(病院にて加入)等
選考方法面談
お問い合わせ先病院長 藤原
電話:022-248-2131
FAX:022-304-1641
見学は随時受け付けております。
常勤医募集診療科脳血管内科
後期研修医募集
診療科
脳血管内科
募集人数若干名
勤務・研修期間応相談(数ヶ月から可能)
待遇勤務時間 平日 8:30~17:00
休  日 土日祝日
月  額 医師免許取得
     3年目  544,000円(地域手当含む)
     5年目  577,000円(地域手当含む)
     7年目  608,000円(地域手当含む)
手 当 等 住居、通勤、扶養、医師手当、当直手当、手術手当有り
    (別途支給)、賞与、退職金(3年以上勤務者)
出張手当(国内学会全額負担、演題があれば海外学会も旅費および
     参加費が負担されます)
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、
     医師賠償責任保険(病院にて加入)等
選考方法面談
お問い合わせ先病院長 藤原
電話:022-248-2131
FAX:022-304-1641
見学は随時受け付けております。

脳血管内科 ~脳卒中のエキスパートを目指す~

脳血管内科紹介脳卒中に特化した内科診療科(神経内科とは別科)として2005年に開設。
現在5名のスタッフで脳神経外科,脳血管内治療科と密接に連携して「脳卒中専門の内科」として診療しています。

脳血管内科
取得資格
脳卒中専門医(4名)、神経学会専門医(4名)、
脳神経血管内治療学会専門医(3名)、総合内科専門医(1名)、
脳神経超音波検査士(3名)
診療実績・特色 ①2014年度診療実績
 入院838例
 うち急性期脳卒中571例, rt-PA静注療法44例,
 急性期血管内治療28件
②主な診療
 血管内脳神経外科(脳血管内治療科)と協力し、脳血管撮影や脳梗塞
 超急性期の血栓回収術や血管形成術を行っています。
③診療の特色
 『心臓・血管を見ずに脳卒中は語れない』.神経超音波検査を「脳の聴診
 器」とし活用しており,全国でもトップレベルと自負しています。
 無論『血管』だけではなく『脳』を診ること,すなわち患者さんの症候
 を重視し,Neurologistであることにこだわっています。
④学閥は存在しません。
研修目標 ①脳卒中を含む神経疾患の救急対応、鑑別診断、全身管理の習熟
②rt-PA静注療法の適応判断
③独りで脳血管撮影(最大で年間200件の検査経験が可能です。)
④独りで超音波検査(頸動脈エコー、経頭蓋ドプラ、経食道心エコー等)
⑤神経内科専門医、脳卒中学会専門医、脳神経超音波検査士の取得
⑥国内/国際学会での発表、症例報告/原著論文
研究・学会活動①国際学会
 2015年のEuropean Stroke Organization Conference,
 International Stroke Conferenceで演題発表しています。
 臨床研究の機会は豊富です。
②多施設共同研究
 SAMURAI(わが国における脳卒中再発予防のための急性期内科治療戦
 略の確立に関する研究)
 ATACHⅡ(急性期脳出血の降圧療法に関する研究)等
 THAWS(睡眠中発症および発症時刻不明の脳梗塞患者に対する静注血栓
 溶解療法の有効性と安全性に関する臨床試験)等
③業績(筆頭著者のみ)
 2014年度は英文原著1編,英文症例報告1編
お問い合わせ先見学は随時受け付けていますので,下記までご連絡ください。
一般財団法人広南会 広南病院 脳血管内科
 strokeneurologists@gmail.com
 Tel 022-248-2131 Fax 022-304-1641
 Facebookファンページ
 https://www.facebook.com/strokeneurologists